FXで戦うには手法(ルール)が必要です

FXの手法を学ぶ
fxwin2488pqsb

多くのFXトレーダーが直面する悩みの一つに、どのようなトレード手法が最も効果的か、というのがあると思います。

市場の変動やリスクに直面しながら、最適な手法を見つけることは容易ではありません。この記事では、様々なFX取引手法に焦点を当て、それぞれのメリットやデメリットを探ります。

さらに、アナタは様々な手法がどのように機能するのか、どのように実践できるのか、そしてどの手法が自分のトレードスタイルに最も適しているかについて理解できると思います。

この記事を読むことで、FXの取引手法の関する本質が理解でき、トレードの成功に向けた戦略を構築するためのヒントが得られると思います。

FXに手法なんていらないと思っている方へ

FXに手法なんて必要ないというトレーダーも確かにいますが、結局FXは、最後にはメンタルが大部分を占めるので、自分で負けても納得できる手法(ルール)を持つことは重要だとリトは考えています。

エッジ(優位性)があるFXの手法を採用することが大前提

FX取引において成功するためには、大原則としてエッジ(優位性)のある手法を取り入れることが重要なポイントです。

特に、トレード初心者の方やまだ勝てない方は、チャートの急な動きの難解さに直面し、成功へのイメージを思い描くことが難しいかもしれません。

しかし、FXはエッジのある手法をキチンと理解し、担々と続けていくことで、成功への道を切り開くことができるのです!。

FXでエッジのある手法というのは、市場での優位性を確保し、リスクは少ないが利益を最大化するためのトレード手法のことです。

常勝トレーダーはこのエッジのある取引手法を用いて、チャートの動きに対応し、リスクを最小限に抑えながら利益を積み上げていきます。

優位性のある手法とわかっていれば、市場の急な変動やリスクで損切りが続いてしまったしても、メンタルが崩壊することなく、最終的には勝利できる、と常勝トレーダーはわかっているのです。

FXの継続手な勉強と実践(検証)を続けながら、自分に合ったエッジのある手法を見つけることが勝利への第一歩です!

FXで勝ちたいなら裁量でのトレード手法のみ極めろ!

FX取引で勝利を収めるためには、裁量トレード手法の習得が極めて重要です。

自動売買【EA】とは異なり、裁量トレードはトレーダー自身がチャートの値動きや情報を分析し、独自の判断で取引を行う手法です。

裁量の大きなメリットは、EAのように機械的なルールに従うのではなく、AIより優れた人間が、市場の急な動きにも対応しながら柔軟にトレードすることが可能です。

初心者にとって、裁量トレードの習得は常勝トレーダーになるための大きな一歩といえますが、同時に、困難な道のりでもあります。

なぜなら、FXの裁量トレードは一朝一夕では身に付かないからです。

しかし、自動売買のような機械的な取引手法を採用してしまうと、急な相場転換のなどに即座には対応できませんし、連続で損切りが続くと、信頼も揺らいでいきます。

結局、自分が作ったEAじゃないなら最後まで信頼はできないです。

一方、裁量トレードなら、トレーダー自身が相場の変動をより的確に予測し、リスクを最小限に抑えながら利益を最大化することも可能です。

裁量トレードの唯一のデメリットして、学習には相応の時間と努力が必要ですが、その見返りは非常に大きいものとなります。

自分自身の知識や経験を基にトレードを行うことで、FXトレーダーとしての自信を深め、さらに良い成績を積み重ねていける裁量トレード手法は、一生かけても学ぶ価値があるとリトは確信しています。

FXはテクニカル分析を組み合わせた手法だけで勝てる!

FX取引において、多くのトレーダーが利用する基本的なテクニカル分析手法について解説します。

テクニカル分析とは、過去の価格や取引量などのデータを用いて市場の動向を予測する方法です。代表的な手法には、移動平均線【Moving Average】やチャートパターンや水平線、オシレーターなどがあります。

移動平均線は、一定期間の価格の平均値を算出したもので、その線をチャートに表しています。これにより、トレンドの方向や転換点を把握することができます。

よくあるMAにあたったら押しや戻りだからエントリー、とかは絶対にやらないでくださいw

あくまでも押しや戻りの「可能性がある」だけで、そのまま突き抜けることもよくありますから(^_^;)

次も多くのトレーダーが活用しているのが、チャートパターンです。
代表的なパターンには、

  1. ヘッドアンドショルダー(三尊)
  2. ダブルトップ(ダブルボトム)
  3. トリプルトップ(トリプルボトム)
  4. ウェッジ
  5. ペナント
  6. ダイアモンドフォーメーション

などがあります。

最後に紹介するオシレーターは、価格の乖離や勢いを示す指標です。

代表的なものには、

  1. RSI(Relative Strength Index)
  2. MACD(Moving Average Convergence Divergence、通称マックディー)
  3. ストキャスティクス
  4. RCI
  5. DMI(Directional Movement Index)

などがあります。

これらの指標を用いることで、買われすぎや売られすぎの状態を判断し、トレンドの転換点を見極めることができます。

ただリト個人的な意見として、オシレーターは無理に採用する必要はないと思っています。

特に短期デイトレやスキャルピングなどでは、オシレーターでは反応が遅いので、リトは基本使っていません。。

ザッと基本的なテクニカル分析について解説しましたが、これらを組み合わせた手法でも十分勝つことができるので、各テクニカル分析をジックリと勉強して、自分オリジナルの手法を作ってもいいかと思います。

FXトレード手法の作り方を伝授!

FXなら他の金融商品より比較的簡単にトレード手法が作れます。

なぜなら、FXには全世界共通のチャートソフトMT4【MetaTrader4】があるから!

リトがFX4を知ったのはもう15年以上前(歳がバレるw)です。

その頃から基本的な操作法もインジケーターも何も変わっていないって、結構凄いことじゃないですか!?

15以上前のインジケーターでも最新のインジケーターでも同じようにチャート上に表示できるのは、正直、MT4しかないと思います。

例えば株式の場合なら、当時有名だった楽天証券のマーケットスピードがありますが、他の証券会社では当然使えませんし、証券会社それぞれ独自のチャートソフトが用意されていますよね。

しかも、マーケットスピードのシェアはどれくらいか知りませんが、最近はあまり耳にしなくなりました。

時代が変われば、人気のチャートソフトも変わるかもしれないのが株式トレーダーなのかもしれません。リトはほとんど株には手を出していないのでよくわかりませんが。。

もちろん日本のFXブローカーも同じように、各社独自のチャートソフトが用意されていますが、MT4が使えるところもありますし、何より世界標準のチャートソフトがMT4なので、使えるインジケーターが違います!

基本的なインジはもちろん、全世界のプログラマーが作ったカスタムインジケーターが使えるのは本当に大きなメリットだと思います。

そんなMT4(MT5)を使ってオリジナル手法を作るのは意外と簡単です。

FXの手法の作り方として、まずは何といっても各インジケーターをジックリ使い倒すことが重要になります。

例えば移動平均線一つとっても、

  • SMAなのかEMAなのか、はたまたマニアックなところでLWMA?
  • 本数は何本?2本?5本?
  • パラメータは?期間は?適用価格は?
  • MTF分析のMAは使う?使わない?

これだけでも手法の作り方は全然違ってきます。

しかし逆に考えれば、MAだけでもFXで勝てる手法は十分作ることができるということでもあります。

実際、リトが知っている億トレーダーさんの中にはMAだけ表示させてトレードしている方もいらっしゃいます。

その他にもオシレーターを組み合わせるのか、サイン付きのインジケーターも入れるのか、MTF分析可能なインジケーターを入れるのか、など、手法作りには正直、終りがありません。

ただ、優位性が担保されていれば、どんなインジケーターの組み合わせでも、最終的には似たようなエントリーポイントを示してくれるということは、覚えておくと良いと思います。

ハイレバ対応のFX手法を考えてみた

FXといえばハイレバが魅力の一つになっていますが、ハイレバは一瞬で大きく勝てる反面、一発退場のリスクもありますw

それでもやはりFXのメリットの一つでもある、ハイレバを最大限利用したFX手法について考えてみました。

チャネルラインを使ったFXトレード手法

チャネルラインを使った手法は、5分足トレーダーとかに人気の印象があります。

ハイレバで使う場合は、チャネルの精度はもちろんですが、水平線との組み合わせで複数ラインが重なっているところをエントリーポイントにしたいですね。

また、チャネルでトレードする場合は、いわゆる「きれいなトレンドを描いているチャート」を選ぶことが大切です。

きれいなトレンドだど、きれいなチャネルが引けますから(^o^)

ドル円だけとか、トレードする通貨を限定すると、チャンスは少なくなり、勝率も下がるでしょう。

個人的には1時間足を使ったチャネルラインの手法でも、FXならハイレバで十分勝負できると思います。

移動平均線(MA)を使ったFX手法

これは短期・長期共に多くのトレーダーが採用しているんじゃないでしょうか?

MAだけっていう人は少ないかもしれませんが、自分の手法の中にMAを入れているトレーダーさんは多いと思います。

もちろんリトも入れています!

MAは本当に奥が深く、種類やパラメータ設定で全然違った結果になります。

基本的にはメインのMAを決めて、そこから期間を調整したMAを追加で入れていくのが良いと思います。

あと、もしSMAを使うのならSMAだけとかEMAを使うのならEMAだけとか、できるだけ使うMAの種類は揃えたほうがいいと思います。

あと重要なのは、ブレイクと傾きですね。

例えば、ローソク足がMAをブレイクしたときにエントリーとか、FXで重要なトレンドを見る際にMAの傾きはどうか、とかMAは色々と使えるテクニカル分析なので、手法に取り入れるのはおすすめです。

短期足+ハイレバ+MAといった手法は結構ネットでもたくさん出回っているので、参考んして自分だけのオリジナル手法を作ってもいいかと思います。

資金管理を使ったハイレバFX手法

当サイトでもその重要性を説いている「資金管理」ですが、ハイレバFXこそ、資金管理を使った手法が合っていると思います。

例えば水平線とダウ理論を使ったオーソドックスな手法でも、ハイレバと徹底した資金管理を組み合わせれば、短期間で大きな利益を作ることも十分可能です。

特にハイレバの場合、基本的に小資金からスタートするのがセオリーなので、一発退場上等!の精神で最初から勝負に出るのも、ある意味正解の手法と言えます。

もちろんそこまで大きなリスクを取らなくても、それなりのレバをかけてトレードしていけば、安全に運用するより遥かに早く目標金額に達することはいうまでもありません。

ただし、それも勝率(精度)の高いエントリーポイントを見つけることができてこそ。

なので、やっぱりまだ自信もってエントリーでないトレーダーさんは、ハイレバでの運用はヤメておいたほうがいいです。

まあ一瞬で狩られてしまうのも、またFXの魅力ではありますが・・・(^_^;)

高勝率な手法ができればハイレバFXも可能!

手法の内容にもよりますが、勝率が高いエントリーポイントを見つけることができれば、ハイレバで勝負するのもアリです。

ただ損切り設定しないで、戻って来るまで待つ!なんて手法ではダメですよw
(昔実際にそういった手法があったんです)

勝率が高いというのは、リスクリワードレシオが低くなりがちではありますが、ハイレバでトレードするなら特に問題ないでしょう。

また、基本ハイレバFXは短期トレードで行うものですので、いくら高勝率だからといって、4時間や日足とかでハイレバかけてトレードするのはヤメてくださいw

FXは長期間持てば持つほど、なかなか先が読めないものですから。

1日中右肩上がりの日なんてそうそうありませんよね?つまりはそういうことですw

計画性のないFXの長期保有はリスクだということも覚えておきましょう。

ニューヨーク時間限定のハイレバFX手法

FX三大市場といえば

  1. 東京市場
  2. ロンドン市場
  3. ニューヨーク市場

ですが、一番値動きが激しいのがご存知ニューヨーク市場ですよね。

ニューヨーク時間限定でハイレバトレードをしているFXトレーダーさんは多いと思います。

特にサラリーマントレーダーなど副業トレーダーで、腰を据えてトレードできるのが夜しかないという方も多いですからね。

基本的に一番動く時間帯なので、ハイレバ短期のトレードは理に適っていると思いますが、やはり相乗以上に上下に動く日も多いので、いわゆる「往復ビンタ」を喰らう可能性も高いのが怖いですw

またニューヨーク時間は重要指標の発表が多いので、一瞬で狩られることも多く、とても初心者向きではありません(^_^;)

各経済指標のチェックはもちろん、急な相場転換にもすぐに対応できるよう、チャートに貼り付いてのトレードになるので、メンタル面も気をつけなければいけません。

一般的にニューヨーク市場は上級者向けと言われていますので、他の時間帯でトレードできるなら無理にやる必要はありません。

どうしてもニューヨーク時間しかトレードできないという方は、短期トレードであまりレバをかけず、数pipsで勝ち逃げ!が一番かと思います。

まあこの時間にトレンドが出ると、結構大きく取れるのも事実ですが。。

安心!?ロンドン時間限定のFX手法とは

ロンドン時間は日本でいうと17:00(サマータイムだと16:00)ですが、日本のプロトレーダーもロンドン市場から本格的に参戦してきます。

ロンドン市場の特徴として、東京時間のトレンドをそのまま引き継ぐ日と、ロンドン時間を境に相場が転換する日があります。

どちらかは前もって完璧に分かるわけではありませんが、ロンドン市場がオープンする1時間前くらいから値動きが慌ただしくなってくるので、その辺を踏まえて戦略を練るのがいいと思います。

ロンドン時間限定の手法としては、やはり相場転換を狙ったブレイク手法がおすすめですね。

もちろん必ず転換するとは限らないですが、転換ブレイクだと損切り幅も少くて済みますし、予想通り相場転換したら大きな利益を狙えるので、リスクリワード的にもおいしい手法ではあります。

また、朝からずっとレンジ相場だった場合、ロンドン時間からトレンドが始まることも多々あります。

この場合も同じくレンジブレイクを狙い、トレンドフォローでエントリーしていけば、結構良い結果になりやすいです。

まとめると、ロンドン時間はブレイク手法が狙い目ですよ、というお話でした。

時間がなくてもFXならOK!スイングトレード手法

基本的にFXはエントリーすればストップ(損切り)とリミット(利益確定)を設定すれば、チャートを見なくてもOKです。

ただしハイレバや短期トレードではそうもいきませんw

ダマシや相場転換、急なストップ狩りなど、チャートに張り付いていないと安心してトレードできないからです。

でもスイングトレードならロスカット幅も大きく取るので、基本放置でもOK!!

時間がなくてもFXで勝ちたい人のために、のんびりできるトレード手法を考えてみました。

【推奨】サラリーマンでも安心してトレードできる4時間足手法

サラリーマンなら1分や5分などのスキャルピングトレードより、精神的にもゆとりが持てる4時間足トレードを推奨します。

禁断のFX手法といえばナンピン【難平】

FXや株式トレードでも禁断の手法と言われているのが、ナンピンです。

ナンピンとは簡単にいうと、買い増しして平均購入単価を下げることです。

下がっているときに買い増ししていくので、運よく上昇してくれれば、ナンピンをする前より早く損を解消することができ、利益も大きく取れる可能性があります。

しかし思惑と違い、更に下がっていってしまった場合、更に損失額が増大してしまうので、最終的には大きな損切りをすることになり、最悪、退場という結果になります(^_^;)

ですので、ナンピンは絶対ダメ!というトレーダーが多いですし、リトもそう思います。

思いますが、例外として「計画的なナンピン」はOKだと思っています。

計画的なナンピンとは、予めココで1回だけ買い増しをする、など正しいリスクをコントロールした上でのナンピンならアリです。

まあでもナンピンは癖になりやすいので、基本的にはやらない方がいいとは思いますw

4時間以上の長期足で、リスクを少く取って分割エントリーする場合なら、ナンピンもありですね。

でも初心者にはまずオススメはしません。

FXは放置でも勝てる手法がある?

為替とは結局、上がりっぱなしや下がりっぱなしはありません。

例えば日足でトレンドが出ていたとしても、月足や年足ではレンジの間を上下していることは多々あります。

ですので、FXは長期間放置できれば、今は含み損でも、いずれ返ってくるという考え方はある意味正解です。

ただし、レバレッジを掛けなければね、という条件付きですが。

FXでレバをかけないなら、株トレードした方がマシですw

いくら、いつかは戻って来るとわかっていても、10年後かもしれないし、30年後かもしれません。

そんなに待ってたら、歳取ってあの世にいるかも知れません(^_^;)

なので、低レバでも放置で勝てるほどFXは甘くないです。

また勝てたとしても、レバが低いので、結局大きな勝ちは期待できず、時間のムダです。

プロも多用する水平線やネックラインを使ったFX手法

水平線やネックラインを使った手法は、昔から人気が高く、プロのFXトレーダーの中でも使っている人がたくさんいらっしゃいます。

水平線はブレイクだったり、サポレジに使ったりと活用法は様々ですが、ローソク足のプライスアクションと併用すると、更に信頼度が高まり、勝率も上がります。

更に、4時間足以上の大きな時間足でプライスアクションと組み合わせて使えば、かなり精度の高いエントリーポイントを見つけることができると思います。

ネックラインや水平線ブレイクも同様ですね。

4時間足以上だと、チャートパターンやプライスアクションの信頼度が一気に上がりますので、普段時間のないトレーダーさんは4時間足以上トレードがやっぱり推奨ですね。

FXは機関投資家やヘッジファンドの手法に波乗りが◯

FXのトレンドを動かしているのが、いわゆる大口トレーダーといわれる機関投資家やヘッジファンドです。

彼らは欧米でトレードしていますので、ロンドン市場やニューヨーク市場ではよくダマシ【ストップ狩り】が発生したりしますよね。

彼らのやり方は、一旦、大きく逆方向に動かし、個人トレーダーのストップを根こそぎ持っていきます。

そして大口トレーダーは、本来買いたかった(売りたかった)価格帯でポジションを持ちますので、一気に本来の流れの方向にトレンドが加速していきます。

ですので、例えば買いのトレンド中に一旦ストップ狩りが発生すると、買いトレンドは一気に加速しますので、ストップ狩りをうまく利用できれば、ある意味、絶好の買い場でエントリーすることが可能です。

プロトレーダーの場合、ストップ狩りが発生すると、だいたい目安になる安値(高値)がわかります。

ただ、いくらプロでもストップ狩りで損切りになってしまうのも事実。

いつストップ狩りが発生するかわかりませんし、自分が想定していた以上に逆方向に行ってしまうことも多々ありますからね。

ですので、ストップ狩りの天底を狙うのは正直難しいので、狩られた後の動きに注目して、再度トレンド方向にポジションを取っていくのが一番安全な手法ではあると思います。

要は「大口投資家の背中に乗れ!」ということですね。

ストップ狩りで損失が出てもしょうがないので、まずは慌てず、その後の動きを注目してエントリーを検討しましょう。

ストップ狩りかと思ったら、トレンド転換でした・・・なんてケースもよくありますから(^_^;)

まとめ:FXの手法という正解のない問いに悩まないために必要なこと

FX取引において成功を収めるためには、優位性のあるトレード手法の選択が不可欠です。この記事を通じて、様々なFXの取引手法について解説しましたが、ご自身のトレードスタイルに最適な手法を見つけたり、作ったりしていただけば幸いです。

ただし、FXはトレード手法の選択だけでなく、検証を含めた実践やメンタル&資金管理など継続的な学習も怠らずにしてください!

FXに限らず、相場は市場の急な変動やリスクが付きものです。そのため、選んだトレード手法がいかに優れていても、負けるときは簡単に負けますので、徹底した資金管理や精神面も重要視する必要があります。トレードにおいては常に冷静な判断が求められますので、感情に左右されないトレードを心がけることが一番大事なんですね。

と、偉そうなことを書いているリトも、感情のコントロールはまだまだ完璧ではありません(^_^;)

また、リトオリジナルを含め、この記事で紹介した手法が必ずしも全てのトレーダーに最適な手法というわけではありません。

FXにおけるアナタ自身の

  • 知識や経験
  • トレードできる時間
  • 投資金額
  • 目標金額
  • リスク許容度

などに合わせて、最も適切なトレード手法を選択することが大切です。さまざまな手法を試してみたり、組み合わせて自分オリジナルの手法を作ることで、自分に最適なトレードルールを見つけることができるでしょう。

最後に、FXトレードは継続的な学習と努力が必要不可欠です。

為替の市場動向やトレード手法の改善は、リトも常におこなっています。

ある意味、自己啓発に努めることが成功への道を切り拓くといえるのではないでしょうか。トレードで成功を収めるためには、常に平常心と長い含み損を耐える忍耐力等が必要ですが、日々の勉強と経験を積むことで確実に近づいていくことは間違いありません!。

FXトレードにおいて、皆さんが安定した収益を得られるよう心からお祈りを込めて、まとめとさせていただきたいと思います。

記事URLをコピーしました